上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/23
周囲からはなにげに良い評判を伺っていたのですが、私個人的にもよく作られた作品だと思います。

特筆するほどの派手さはありませんが、現在巷に数多とあるアニメの集団的決裁権というか、「ここ、もうちょっと大切にして欲しいな」というような所がちらほらとしっかり描かれていて好印象でした。

キャラの挙動や衣服の動きや細かい描写(余り細かすぎても困るのですが)等、写実としてではなく「アニメ」としてのディフォルメバランスが良いのかなーと。

第1印象では、あの絵柄じゃキャラの表情が乏しくなってしまいそうだし、それなりのライトタッチな作品かなと思っておりました。(げんしけんとか見てないんで・・よくしらないんす)

作品自体はライトな部類には入ると思いますが、それでもあれだけキャラの表情がころころ変わる、変えられるのは面白かったです。

動きというかなんというか、躍動感があるので最近のアニメでは久しくお目にかかっていない楽しさを感じました。

躍動感というか、「王道」に近いセオリーでどんどん盛り上げてくれるのはここ最近では「なのは」が最強ですけどね。(^^;

比べるのはちょっとお門違いかも知れませんが、現在放映ということで述べれば「京アニkanon」は質が高すぎてどこか「お上品さ」ばかりが目立ってしまって感受性を揺さぶるような高揚感がまだ得られないのですよね・・私だけかも知れませんが。あゆちゃんはすっげい可愛いんですが。(゚ー゚*)



ま、そんな訳で面白かったですよ。という報告。誰にというわけでもないですけど。
上石神井さんはホント良いキャラですね。大好きです。



ま、小雪にはかないませんがな。( ̄ー ̄)
スポンサーサイト
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form
最近のコメント

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。