上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/07

■一眼レフデビュー

少し前になるのですが、少しばかり時間に融通かきくようになり、少ないチャンスを活かす手段の一つとして一眼レフを購入しました。

購入したのはPENTAXのk-mというカメラです。

ママさんカメラという宣伝で売り出されているカメラですが、入門機という位置づけの割にはなかなかバランスも良く、中級機に引けを取らない面白さがあると思ったので選んでみました。

(価格もお店によっては5万円を大きく切っていたりしてますね)

今まではDP1というカメラで日常のスナップを中心に撮っていたのですが、「47都道府県完全制覇の旅」などの旅先でもそれなりに対応できるようにと。(^^

初めてのカメラでしたので、買うまでには1ヶ月近く自分なりに色々と勉強してみました。(買うことは昨年から決めていたのですが)

メーカー毎の違いや、レンズの事やらその他基本的な事などなど。

デジタル技術のおかげで何も考えなくてもそれなりに写ってくれるので、貴重な時間を裂いてまで勉強しなくても十分なのですが、いざ調べてみるとこれがなかなか面白いのです。

素人の浅知恵ではありますが、機会があれば絵日記などでも触れていきたいと思っています。



シグマ DP2 4月24日発売

上でk-mの話をしておきながらあれですが…。

一眼レフカメラはやはり素晴らしく面白いのですが今まで手を出さなかった理由の一つに「大きくて気軽に持ち歩けない」というのがあります。

コンデジを選ぶと機動力は飛躍的に上がるものの、大きく画質の面で引けを取ることになります。

そこで今までお世話になってきたのがシグマのDP1。

同社の一眼レフカメラ「SD14」と同じ撮像素子(これがカメラの画質を大きく決めます)を搭載しながらコンパクトデジカメと同じくラスの大きさに収まった初めてのデジカメです。

今月24日にその姉妹機となる「DP2」の発売が決まりました。

これは「後継機」ではなく「DP1」と並列に並ぶ機種という位置づけです。

DPシリーズはコンパクト化の為にレンズを交換することができない「単焦点」と言われるカメラで、DP1は実質焦点距離が28mmでレンズの明るさはF4。

今回出るDP2は41mmになり、レンズの明るさはF2.8となっています。

細かくなるので書きませんが、簡単に言うと「画角が違うバージョン」と思って頂ければ良いかと。(^^;

その他レンズの明るさや機能面が向上していたりもするのですが、その辺はまたいつかの機会に。



一眼レフはレンズを交換することで様々な画角の写真を撮ることが出来ます。(かなり端折った言い方です)

また同じ画角を撮れるレンズでも種類によって質と値段が異なってきます。

その為一眼レフを購入すると「レンズ沼」というレンズを購入し続けるという恐ろしい沼が存在すると言われています。(w;

そのような中でこのDP2は同じ40mmクラスのレンズと比較した時に素晴らしいオリジナリティを持った「カメラ機能を搭載したレンズ」だと思うのです。(DP1はそうでした)

「ズームが効かないカメラなんて不便!」という気持ちはよく分かりますが、実際1年以上このカメラを使ってみて様々鍛えられた面も多いので、ちょっとこの世界の深い場所(特に変わった部分)に足を踏み入れてみたいという方にはお薦めできる1台です。(w

シグマのカメラが写す世界はかなり独特なものがありますよ?(^^





■今日の一枚



敦賀のガンダムさん(失礼)
スポンサーサイト
最近のコメント

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。