上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/03

■カメラでけいおん!してみましたヽ(´ー`)ノ

ちょっとしたつてからlomo LC-Aをお借りすることができました。

このカメラは「けいおん!」で作品中澪ちゃんが使用していたカメラです。

早速撮影してみようと思ったものの、このカメラはフィルムカメラなので勿論フィルムが必要です。

そこでちょこっと調べてnaturaのフィルムがよさげな情報を得たのでそれを買いに・・・。

3本で1400円ちょっと。

で、ファインダーを覗いたら糸くずみたいな埃が・・・。

まあ古いカメラでずっと使われていない物と言うこともあり仕方ないかな・・と。

写真に写ったときのことを考えて、とりあえずフィルムは1本(24枚)を使用。

すぐに現像を頼めるように写真屋さんまでの道中を歩きながらパシャパシャ。

到着時にはきっちり27枚取れました。おまけで3枚余計にありました。

そしてフィルムを写真屋さんにあずけて20分待つことに・・・。



lomoの面白いと思ったところは、完全アナログ(あたりまえ)という点。

自分で決められるのはフィルムの感度、焦点距離(0.8・1.5・3・∞)、絞り指定(今回はオート)の3種類のみ。

一度フィルムを入れたらもちろんのことISOの設定も変えられません。(笑)

そしてひたすら目測で焦点距離のスイッチを切り替えながらシャッターを切る。

実に簡単。



そして20分後、現像から上がってきた写真を見て、心配していた糸くずは写っていませんでした。

ファインダーの中だけみたいです。

そして27枚中お見せできるのはこちらのものぐらい。(w;

まあ被写体がつまんないというのもあるので、実質ピントを大きく外したのは2枚ほど。

それにしてもデジカメに完全に慣れてしまったので、出来上がった写真を見て「おおー」と思うと共にとまどいも感じました。現代の眼に戻るとやっぱりレトロだなーと。(笑)

lomoだけで旅行にとはもうできないと思いますが、一緒に持って行くとデジカメでは撮れない面白い写真が撮れるかも知れませんね。

しばらく借りられるので、もうちょっと色々と撮ってみようと思います。



ただ、現像(CDRに焼くのみ)で900円かかったので、フィルム代と合わせると1400円。

デジカメみたいにとりあえずなんでもかんでもシャッターを切るというわけにはいきませんね。(^^;

1シャッターの重みを感じました。

あと、現像はお店に出すので、見られて困る写真は間違っても撮れないということです。(笑)



写真はこちらに並べてみました。

比較のために、内2枚は同じ被写体をDP2で撮影してみました。



それにしても澪ちゃんが撮ってる写真ってこんな世界なんだと思うと、かなりアナログな子なんだなーと…。

そこがまたかわいい!





ちなみにこのlomo LC-Aというカメラは既に生産が終了されていて、冒頭に紹介した記事にも書いてありますが、様々な経緯を経て現在LC-A+というものが販売されています。

多少機能なども追加されてますし、撮れる写真も似たようなものだと思います。

(もともと個体差の激しいカメラのようですけどw;)

あと、フィルムカメラにも色々ありますがもし興味を持たれるようでしたらFUJIFILMのnatura(今回使用したフィルムのカメラ)なども面白いかも知れませんね。(^^

需要が少ないこともあると思うのですが、フィルムカメラでも結構なお値段するのですね・・・。





■今日の一枚

スポンサーサイト
最近のコメント

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。